体この洗顔六大部位は撚りをよくして健康によい

は伝統的な中国医学の中で、人体の研究学も一つの非常に復雑な科目、人体器官と違うのつぼ、すべての保健の作用によって、そのため、健康者は普段その、体の器官とツボ養生法特別のとして注目し、体にこの六大部分、よくすこしこすりは健康に良い.

Pは鼻——両手人差し指で鼻筋の両側

を綯う

にこすって鼻鼻の血流改善状況、鼻の各種の栄養の補充を増加して、鼻の向上など機能ブロックほこり細菌の機能の向上、空気吸入空気の湿度調節吸入空気温度、肺内で吸入空気より清潔、湿って、暖かく、病気抵抗の能力を高めていく.

耳の耳――手のひらで揉む50下

は耳をこする耳が疲れて体の不調を軽減することはできなくて、疲労を緩和して、精神を奮い立たせて、人をそよぎ状態にすることができます.

を腰眼――手のひらで腰にこすって回ひゃく~200下

p人の2腎は腰の内にいるので,洗顔、腰に腰をこすります.腰にも腰眼穴は、腰の第3椎棘ぐらいさん~よんしよ寸のへこみ.漢方医は、腰眼穴を経外奇穴で帯脈(に囲まれて腰の経絡)には、腎臓の所在を部位.よくここを、暖かい肾阳血気、流麗である.

揉み手――手の甲を手のひらで各ごじゅう

によく揉み手ツボ刺激も,防止することができるしもやけ風邪と.老人にとって、手の筋肉の萎縮揉み手を防ぐことができ、さらに老化、着手して能力などを固める.

Pは土踏まず――それぞれの足で100度くらい綯う、土踏まずが発熱して発熱するまで

をよく土踏まず、高血圧、神経衰弱、片頭痛、頭頂部痛、めまい、耳鳴り、不眠、足のむくみ萎縮痛、しびれを忘れ、消化不良で、食欲減退、腹部膨満、便秘、痫病、ヘルニア、小児けいれんや心臓、肝臓や脾臓、胆などの臓器病症、いずれも一定の予防と治療の作用.

おでこに揉む50下

はおでこ

を額によく注意し活躍できる覚醒、脳の血液循環、脳供血量が増加することによって健やかな脳作用.

前述したように、みんなは普段よくこすり上述の体の六大部分は、その所の効果効能もいろいろで、一般的に、みんなでいつも一定の養生目的ならば、ターゲットの選択で、特にない目的ならばは,やってみても.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です