以下の洗顔方法を紹介して、あなたは日焼けした肌を救います

夏に出て最も被害のは私たちの肌.夏の服は一年中で最も薄いので、体がほとんどの皮膚は紫外線にさらされている.肌が焼けても、救う可能性があるのでしょうか?心配することはない、答えは肯定だから.どう修復にとける肌、次の7種類の方法を紹介します、あなたの助けを救う日焼け肌.

は、一般にとけるの肌、発熱、赤くなる症状が重く、もし日焼け程度のことも出てくる点々.長期にわたり救済措置をしない場合、皮膚はまた老いてはなりません.

p>を救う<,とける措置:

P1,洗顔、急速に温度を下げる:肌の日焼け後の第1の温度は下げる.温度を下げると冷たいというわけではない、ぬるま湯で入浴しても、顔面を避けて.もし顔面を水にとけると、顔面の皮膚はかえって暗くなる.もちろん、ドライヤーも肌に温度を下げることができます.

に、大量のために補充:太陽の光の時、体が発熱し発汗が増え、体内に現れやすく渇水状況.そのため、大量の水分補給にとける肌が重要.水分を補充する時も飲み物は飲めない,ぬるま湯を飲むのが適当で.

P3、温和で清潔:顔に化粧をしていると、すぐに色を洗います.顔から汗が相混排除の汚れと、皮膚に刺激性を.洗顔時、普通に温和な洗顔料を選択するのは比較的に適当である.

p>二、とける<を避けること:

p> <いち、急速に氷敷:保湿スプレー、水や氷敷脸などが急の温度を下げる方法顔は日焼け肌刺激のため、先に待って皮膚体温安定回復正常なレベルまで、日焼けの皮膚を冷やす.

p>
媚薬購入;に、栄養パック<:冷却後、もしあなたの顔面の腫れがない苦しみの症状の時、选択肢はゆるやかな機能の保湿マスク直ちに水分.しかしもし顔面の腫れが苦しみは、きっと消えて待って症状にした上で.

P3、美白薄斑:紫外線は肌の黒色素に瀋殿、ほとんどの人は美白対策をしているかもしれないが、これは間違っている.美白スキンケア製品の成分は、日焼け肌の負担が重くなります.

4、深層は修復する:多くの人は皮膚が日焼けした後はすぐ急に修復する措置、しかしこのようにあなたの心は慰めて、あなたの皮膚を慰めることができません.日焼け後の皮膚は1種のもろくて弱い状態になり、すぐに深く深層修復作業を行うべきでないため.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です