体この洗顔4部位に健康長寿をマッサージする

ご存知のように、マッサージは伝統の漢方医の養生方法でよくあるのが、体の上で異なったつぼマッサージ、人々を助けるを病気で、総じて、中医マッサージ養生方法は、人々を助けるトレーニングや寿命の道ができる.

『p』マッサージ四肢

マッサージ

先に左手で右手を摩は、肩やひじ、手首や指先に沿って、更に太ももから膝、足首、土踏まずや指、それの繰り返しにこすって摩にじゅう多回、こすり摩に力む少し重いが、更に同法を痛感し、右手にこすって摩左側肢体.

効果:、手足によくこすり摩が経穴が多く、血行促進、臓腑の機能を促進し、しかもダイエット養生の作用.

Pマッサージヘッド

マッサージ

毎晩寝る前に、両手で耳を揉んでこすり摩、ピンチの通り、それから首筋から目の縁、額の部と全体の発根をこすり摩,洗顔、最後に両手で摩面.あん摩時には力を入れて均一にし、耐えられると皮膚の微赤を宜にすることに注意します.普通は頭からまわり、頭から両脇後、両側から両側まで原則として、揉むは10分も超えない.

は脳の血液循環を改善し、催眠作用もあります.

Pマッサージ胸部

マッサージPは両手で揉む胸を揉むながら,共に押捺.

このマッサージ法は養生法によって胸の陽に奮起、兵衛を疏通することができます
レビトラの購入.だから、外よこしまの能力を増加することができて、人が少なく風邪をひく.

Pマッサージ腹部

マッサージ右の手のひらで

密着腹部、右から下腹を始め、臍作時計回りにこすって摩、息を吐き出したり、吸い込んだりはできるだけ延長させなければならなくて、息を吐き出したり、吸い込んだり間手が回る1週連続さん、もし分、雑念を舎て、によって元気を丹田回転.

は消化機能、予防と治療の便秘、あん摩過程においても、その効果により、効果的によくできます.

年齢の増大につれて、たくさんの人が高齢者の段階では,身体的にもいろんな問題が出てくるのが、本文はみんなに推薦の中医マッサージ養生方法を体に違う部位のマッサージに達し、健康長寿の目的.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です