マッサージは、洗顔痛みが良くなるほど背中を踏んではなく、脊椎関節に挫て

現代人の仕事と生活に緊張して、よく背中の痛み、マッサージは徐々に人気の養生方法.正しいマッサージ手法は筋肉をリラックスさせることができます、力を入れていてもマッサージ師は正しい解剖学の知識を掌握していないで、非常に体を傷つけやすいです.筋肉じん帯、局部神経損傷,関節転位、骨折など.マッサージは痛みが良いものではなく、痛みを繰り返して痛みが悪化し、軟らかいが炎症を起こし、まわりの神経が悪くなります.マッサージで神経の多い部位があります:首の両側、わきの下、肘と膝の外側、これら部位の神経は多く夾てかばん骨の位置にはさむのです、厚い筋肉の保護、容易に傷による.神経は,洗顔、軽くなると肢体が麻痺し、重さは筋肉無力,感じを失う.中国のマッサージは1つのプロジェクトは背中を踏んで、足で使うのは手の更に制御することが難しいため、マッサージ師の体の重すぎる情況の下で、容易に脊椎関節転位.骨粗しょう症患者は、骨格が弱いので、大きなストレスに耐えられず、マッサージ時は特に気をつけて.マッサージ師は、肋骨と前腕骨を踏まれ、最後には手術で取り返しの事故があったという人もいたことがある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です