よんしよ(肺機能の洗顔テストの最も簡単な養肺ななしち募集

肺機能は年齢増加につれ、25歳前後がピーク、その後は年々下がります.どの空気を吸い込むのか、肺機能の良し悪しを示すバロメーター.医学では肺活量と一秒量で肺機能を検出.前者は、空気を吸った後に強く吹いて、吹いてくる最大気体容量.一般的な健康な成人は肺の空気をすべて吹きます3—4秒、その中で、第1秒で吹く気体の容量即ち“1秒量”、健康な成人は約3―4リットル.研究は、1秒の量は1秒の2リットルの時、激しい運動時感じて呼吸が暢しないことを感じることができて、1~5~0リットルのリットル時、静かな状態でも明らかに呼吸困難が現れます.刘又宁注意し、45歳以上の人は少なくとも毎年病院まで字引を肺機能;長期喫煙、接触室内外の汚染者は、からのよんじゅう歳から、半年ごとに字引を肺機能.これ以外、普段は生活の中で、私たちも簡単に肺機能を簡単に行うことができます.よんしよ(肺機能のテスト(いち、階段に登って法:自分のペースで一気に3階に登って、明らかに息切れと息苦しく感じない、心肺機能の良い説明.2・マッチ法:1本のマッチを火につけて、尽力して吹いて、距離15センチ吹いて滅、肺機能は問題があることを説明して、もし距離5センチメートルが消えないで,洗顔、肺機能はとても悪くて、肺気腫患者.さん、気苦しい法:深く息を吸いこむ後気苦しい、息が詰まるはさんじゅう秒は心肺機能はとても良くて、息が詰まることはにじゅう秒以上の者も悪くない.4、小さい運動量試験:原地して、脈拍が早く100—120度、停止活動後、5~6分回復正常で正常に回復し、心肺機能正常.最も簡単な栄養の肺の7は7を接種してワクチンを接種する.60歳以上の高齢者は肺炎ワクチンを打って、効果的に保護率は85
三体牛鞭 店頭販売 %以上、保護期間は5年とすることを提案して、60歳以上の高齢者の肺炎ワクチンの保護率は5年以上に達していることを提案して、60歳以上の保護率は5年.また毎年インフルエンザワクチンを接種し、特に体差、免疫機能が低下し、普段は糖尿病、心臓病、慢性呼吸器病の人として、必要な接種.風邪が直ちに治する.多くの人の肺炎は風邪で未治療、治療は徹底的に、休憩不足によると、だから、風邪後は必ず休み、咳がひどくて、発熱性が高くなって、医者にかかる.多すぎて胸を広げる.特に注意すべき呼吸係の鍛錬を提唱して腹式呼吸法:両手を広げて、なるべく拡張を胸に、そして腹で呼吸を増加することができて,肺容量、特に遅いことに利益があって、肺の病気の回復と肺気腫.暖かいところにはいないで、適度に冷熱の刺激を受けて.飲食あっさりした.少なく刺激食品、特に呼吸器感染期間中、他の唐辛子、クミン、マスタード、さもなくば炎症の回復に役立つ.適切に多く食べて肺を潤すこと滋陰食品、例えばナシ、ユリ、ビワ、蓮子、大根など、内臓を強くする痰.老人の部屋は清潔を保つべきだ.日当たりは十分、定期消毒、家は常に窓を開けて.空気は新鮮な場所で鍛えるとゲーム、道路辺で碁、トランプ,そこの空気汚染が最もひどい、肺は大きな脅威となっている.禁煙.喫煙は.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です