糖尿病患者の洗顔アイスを食べる気1034ご健康アイスを食べる

最近外来に発見され,普段以上に割血糖のコントロールの良い糖尿病患者が血糖、不安定な状況で、ふだん血糖コントロール不振の人、血糖値がより悪い問診を経て、発見して、多くの患者さんによると暑さのため、よく食べるアイス暑気を払って、まさか影響血糖.

p>本田クリニック<新陳代謝科主任の洪建徳表示では、アイスに含まれるでんぷんと足を付けるの砂糖や果糖、シロップに影響を及ぼすことは血糖値を食べて、特に糖尿病患者に同量のらばができ時、食後の血糖値を比較的に時間に人は明らかに高い.例えば糖化ヘム(A1C)制御良好から6.5%-6.0%者、食前血糖正常に近い人のひゃくミリグラム/百ミリ以下、一杯食べ氷後に血糖値上昇時間デート140-160ミリグラム/ 100 ml;食前血糖た200ミリグラム/百ミリリットル以上の者で、一杯食べ氷後に小さい時血糖値が上がる300ミリグラム/ 100 ml前後、両者の差が大きい.

糖尿病は氷を食べることができますか?洪建徳指摘しさえすればと思って、一般の人にはあめをプラスしないあるいは低糖が構わないが、実は可能で、調理の製造過程の中では足を付けるた糖は、<時>かき氷の中の具も可能で、事前に煮たシロップ、心がけ糖の摂取

また、洪建徳は、体重の維持はずっと糖尿病患者の重要な課題のように甘いものの脂肪の含有量は比較的に高くて、特に洋風の烘培とアイスクリームの熱量、脂肪から遠くに砂糖が多いので、もし食用のアイスクリームはいっそう注意する必要が.一般的に、いち/よんしよ碗のご飯を含む約16-18グラムのらばができた、などの半さんの角砂糖、またはよんじゅうグラムの40%のシロップ、使って作られた清氷氷なら、果物、減量食事の果物を含んで、もし芋円と同じ重量のご飯を食べました.1碗の含有ごじゅうグラムの芋などにより丸いまたいち/よんしよ碗のご飯.

何は糖尿病患者の1034コード?洪建徳説明、<被害を受けた>糖尿病患者はじゅう時間以上のアドバンス糖尿病自己世話訓練,洗顔、各さんヶ月定期検査糖化ヘム;身につけて毎日自己検出血糖よんしよ回以上の習慣

最後、洪建徳は注意して、夏に食べる氷は多くの人にとっては大きな楽しみは留意が裏に隠された危機、特に糖尿病患者は、普段から良い血糖のコントロールを守るべきルール、1034、もっと自分を理解の摂取は安全ならばができ、範囲内適量に飲むと、医師を保つ良好なインタラクティブ、糖尿病患者でも楽しめるアイスを食べる,涼しい夏.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です