養ノロ洗顔ジカ人

暑中の阿爾は涼しくて、これはこの辺境山城すばらしいところ.毎年夏には四方八方からの観光客が集まってここに集まって、避けるようにしにくい猛暑.この季節に、私の友人に阿爾.

夕食後、私たち一行は近くの山に行って歩きました
ダダラフィル.落日の余光は全体の山坂を1枚の黄金色に照らして、ちょうど1度の小雨、ちょうど1度の小雨、道端の草はまた水玉、そよ風はそっと吹いて、1ひとしきり草香来襲来襲.足元を見下ろす山城、黄色の壁红瓦、まちまちで,どこからか、一団から霧が漂って、いくつかの建物をちらちらし、まるで仙境に入って一般.同業者の数人の気持ちもとても良い、足どりも軽快になって、誰もがそっと口ずさんを口ずさんて小曲た.

みんなが前を向いていて、ふと道端に3三四があるから、一台のトラクターが草を水揚げているのを見ていた.一人で見て、私たち、迎えに来て.人は五十代の様子、迷彩服に足双黄のゴム靴泥がついている、高くはないので体、屈んではさらに低くなり、彼の歩く様子を変なように漂う木の葉のように倒れるのは私たちの前に.あなたは何をしているんですか?阿爾は観光地で、一般の人も私達に聞いて,洗顔、どこから来たの?彼はこのように聞くと、明らかに私たちに警戒をして.めぐり:地方の観光の.友達は職業習慣になり、彼と話をしてきた.

からの話によると、彼は80年代の初めに来て阿爾、木が、後に伐採量が低下した、羊を飼う、今飼ってノロ改.飼ってノロといえば、彼の目は亮:養ノロは金を稼ぎ、活ノロ売る千、ひとつ死んノロ、剥製に売って千、ノロ肉を売る千.

私たちに聞く、ノロはどこから来たのですか?彼は、山には、抓をつかむと言っている!そこで、彼はべらべらに話す:春をノロジカ子最も簡単で、毎年採わらびの時もノロジカ子供たばかり駅の時、そのノロの巢はほとんど溝胴に、普通はは水源に近い低木丛里草の多い地方.山で観察して水を飲むの母川ノロどこに行けば、ノロ巢を発見、この時母ノロ、赤ちゃんを捕まえてノロジカ.対大ノロ、過去は猟銃を銃で、今もし、主に次のセット.そのノロがよく出るところを見つけ、「ノロノロよく歩いた道』は、地面から半メートルくらいのところでカバー.「ノロ道のさまざまな季節の中で同じではない、夏雨季が来て、森の中でのノロ、木の葉の声を聞いて雨があり、林の中に、蟻の堂参り広い草原にまで.秋になると、林に戻って生活が好き、毎日夕方の頃には固定場所に水を飲みにきて.冬、ノロ主要山頂や中腹イベントが,雪の時それら尾根で裸の草を.ノロ道の上下セットで、多くいくつか一般当日、収穫がある.時々お家の中で下を向いてセットの山を見て、空を見てカラス、十中八九は巻き付けるノロました.被せるからのノロもがき続けて、カラスは惜しんで離れて口にできないので、空を旋回している.も」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です