紅塵の洗顔奥に、許君1度の天荒地老

今夜は眠れない.温かい想い飛ばしを携えて、多くあなたと抱き合って.振り返ると.深く見つめている.あなたの笑顔は依然として輝いて、暖かい私の涼しい.誰は相思滴の涙になって若死には誰が深く憶起昔.は淺く澄みきっているつかの間、たったひとつの恋だと、唯あなたね.色あせて風だけ、私は依然としてあなたを見守る紅塵の奥で.もし今生はあなたと出会うことがないならば、私は私がこのような気になる人を気にかけて、1人を待って、1人を懐かしむ.もし今生君に会えなかったら、私はこんな一種類の感情があることを知らないで、ただ目を凝らすは永遠に.双璧は永久不変だ.もし今生はあなたと出会って,洗顔、私は知らないある日またこのように深く一人を愛して、一目に感動して、1世の心配するまでも.お互いを胸に静かに喜ぶ.黙々としても天長地久にはならない.

私はあなた、私は寂しい心が荒廃していない.あなたはどこにいても、私は本当にあなたが私の身の回りにいると感じて、かつてない.知り合いになったということで、お互いの命は、互いに知っている.あなたに出会うまで、私は快楽と幸福を持っています.もともと待つのも最も暖かい気にする.いくつかの甘い日は指先で.生命の鼓動はあなた、永遠に私の心にある.

私は生命にあなたがあるため、私は深く気にかけている.心配がある、天涯咫尺.あなたの足どりは私の付きまとっの方向です.あなたの挨拶は私の一番暖かいです.気になるのは、無声な想いだ.望雲の情思归はないことは、衣服はだんだん広い終わり悔いる執着.深い愛だと.人は幸せで、人に気にされて幸せで、今生、私たちは,愛の文字には、小さな生命の中で最も感動的な暖かさを書きます.

仏説前世五百回振り返ってやっと換えて今生の肩を,世の中すべての出会いは1度の恵み.とあなたの知り合いは私の前世の紆余曲折の期待は、わかるため、すべてとても美しい.心と心の交差点との呼吸がわかる.情熱と情の通じると織りなす.あるときは必要なときには目、頼りになる腕で、自分の心が読める人 レビトラ 購入 安心.親愛なる、紅塵の深いあなたに出会って、あなたの1句話は私は甘い、あなたの1つのほほえみは私の心の中のあの暖かさで、あなたの幸福は私の今生最も本当に期待します.

p>を誰<待ってきに停泊してあなたの夢.誰の想いを訴え気持ち、心の琴線に触れが美しい.本当に一生あなたを一生にしたいです.ある日私たちはけんかして、たとえ1日私はわがまま言って、たとえ1日私はあなたが醜いになってあなたは依然として私の身の回りで私の身の回りで私に付き添っていないで、私はあなたの身の回りで私を見ることができないことを見ます.本当に本当にあなたと一緒にゆっくりと老いて、毎晩君その燈の燈火をつけて家に帰って、そっとあなたの優しさで水を払う倦容.道中はあなたと花咲く花が咲く美しさと、1の暖かさを握っていて、天涯の幸せを.

君は私一人の、親愛なる、私は世界で最も感動的な睦言はあなたは私の一人のです、私は

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です