ま洗顔た一年とは

の朝,小僧随伴2枚の図,洗顔、図の中で、1基の家、上空は空の靑白い雲、家の前には1条幅の石ころ道、後ろは1枚の田田は稲が、家の左側には一枚の野菜、畑で一集める集める料理は新鮮で極たが、畑のそばに一人、1頭の牛.この図、私の眼球に入って、私は私の心を釦て、トキメク、望郷の情、沸き立つて来る.

p図の中の地方、大名前は故郷、幼名は三洋池と申します.

八九月分、日少し涼しく、寝起きが悪いの良い時節、山の砦の上の人は、朝寝坊をすることはない.何回の鶏は、村人たちが起きて、開けてがら鴨舎と牛界門、鶏が好きで、鴨楽、ストレッチストレッチ四肢昂起首呼朋引伴、すぐ唄おうの声、眠りの村で、にぎやかになった.

村では、一般的には4つの家で、朝の家には明確な分業大人農作業を行う、稲刈り、トウモロコシ(トウモロコシ)を掘り、サツマイモ、吹き煙片…男を踏んで、きらきらの露,鍬を担いで、崩れている磨の刀、くわえ刻みたばこ、女を背負いかごを持って、肩当て貼って背中の衣類、後をつけ、山の同郷の人に触れて、さわやかに挨拶をする、または共有の下に刻みたばこたり、話して農作物、やがて、小道には、山に、畑には人影绰绰;子供の家の杂活、牛飼い、料理、掃除したり、ブタの飼料…一瞬、炊事の煙が立ち上る、家々が奏でる用具のシンフォニー.15分、20分、村はだんだん大きなご飯と農家の料理の香りに包まれ、両親の食事の-"声として、大声で鳴り響い.

朝の農作業は暖機、朝食食べ、本当の忙しさが正式に幕を開ける
MAXMAN 増大.クワがうっかり掘り石の音、コンバインのごうごう音、葉煙草離脱幹の噼啪音、大人の話す声、子供の騒ぎ、小鳥の叽喳音、さまざまな音が、まさか1首の歓楽耳は豊作の歌ですか?割のもみなかった金色、風のない葉煙草靑靑、掘ったサツマイモ蔓を絡ませ、さまざまな色の交差点、まさか1枚の光溢彩の絵ですか?

フルスイングの労働、太陽にまではなく、露の足にも足が続くようになっている.闇支配して天幕、同郷の門は五指の屋外での作業、彼らは何をしているのか.テレビを見ていますか.カルタマージャン?雑談?もではない.村の人はテレビ会を見ることができます、彼らの手は暇がない.目の前には、テレビの前にはザルトウモロコシ、目がテレビを見て、手に発火鉗子シャベルトウモロコシ粒、彼らは座って雑談、ただそばにはいっぱいイラつきと未选のタバコの葉…

夜と星はすべて眠くなって目を閉じて、ついに、1日の同郷の人の扉、電気の明かり、寝て、寝ていました.

p>たま何声伝<蝉やかえると、私は、彼らはきっと説:お疲れ様でした、寝ます…

はまた一年八九月、豊作季節農繁の季節、遥祝苦労の同郷の門、夜眠る夢のない良い感じ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です