間違えった洗顔方法

洗顔の方法は色々があります。洗顔料や泡立てグッズなど。タンパク轧糖贸(炭水化物)、脂は、大栄養素(熱璗索)と呼ばれ、体をつくる材料や、体を動かすエネルギー源となるものです。これらの栄養素は体内に早漏入ると、しったん分解されてから吸収•再合成され、さまざまな役割を果たします。

洗顔のしすぎなどの間違えった洗顔方法は肌の角質層に影響があります。この3大栄養索が十分に働けるようにサボー卜し、体の調子を螯えるのがビタミンやミネラル(保全索)、そして食物班維です。これらが不足すると代謝が滞り、 せっかく摂取した食べ物をエネルギーに代えることができなくなるため、老廃物 が把え、血液が汚れてしまいます。
体をつくる村寿斗にはなりませんが、 タンパク贸、贸、脂Sの代を促 進します9また搜合的に作用して体 の機能を雄持•槲匕し、心身のバラ ンスを保ちます。
消イ满素によって分解されない成分で、水溶性と 不溶性の2種類があります。いずれも、便通をよ くすることでコレステロールや老庚物の排出を促 進,.银内を整え、動_匕や糖尿病、ガンを 予防します。また胆汁《の分泌を活発にして、コ レステロ 一を低下させます

日常生活に、かならず正しい洗顔方法で顔を洗ういましょう。水に溶ける水溶性精力剤食物播雄便をやわらかくすることによって便通をよくします。海草、果物、洗顔と角質層きのこなどに多く含まれています。水に溶けない不溶性食物播雄 水分を吸収してふくらむことで腺の動きを活発にし、 洗顔、便通をよくします。野菜、豆、対?!fl、根菜などに多く 含まれています体の機能を调整•強化 ビタミンとともに3大栄養索の1«き を助け、体の機能を明整•強化し、 心身のバランスを保ちます。赤球のヘモグロビンをつくる鈇や、骨を つくるカルシウムもこの仲です。